ホーム / 研究開発 / 研究開発方針

西汉姆联的奥克福德:研究開発

研究開発方針

Materials Innovationの原動力がここにある

西汉姆联吹泡泡 www.tnqvqt.com.cn JSRは合成ゴムを基幹とする石油化學分野からスタートし、半導體材料?ディスプレイ材料といった情報電子材料分野へと業容を拡大。さらにライフサイエンス?環境?エネルギー分野へと事業展開を進め、獨自の技術によって生み出した數々の高機能マテリアルを世に送り出してきました。これを支えているのがJSRの充実した研究開発です。

現在、JSRの研究開発拠點は、四日市研究センター內に設置した機能高分子研究所、ディスプレイソリューション研究所、精密電子研究所、先端材料研究所、エッジコンピューティング研究所の5研究所の他に、筑波研究所、JSR機能材料リサーチセンター(近畿大學分子工學研究所內)、更にJSR?慶應義塾大學 醫學化學イノベーションセンター(略稱JKiC: 慶應義塾大學信濃町キャンパス內)を有しています。既存事業を支援するとともに、さらなる新規事業の創出をサポートするのが研究開発部門の役割です。これらの実現のために、関連事業部との密接な連攜による①市場ニーズを先取りした研究テーマ設定、②ユーザー狀況に即応できる弾力的な研究體制の整備?強化に取り組んでいます。また、ユーザーや大學、研究機関と新規性の高い基礎的、探索的な共同研究も進めています。

「研究開発の成果こそが、JSRの未來を切り拓く」― この信念のもと、JSRはコア技術である高分子技術の深耕とともに、光化學、無機化學、精密加工、バイオテクノロジーなど他技術との融合による新しい技術領域の拡大に積極的にチャレンジしていきます。

[図]
拡大する

研究開発
?